砕石パイル

こんにちは。ハイスピード工法の営業担当の坂上です。

近年、台風やゲリラ豪雨が頻発していますね。
短時間であっという間に道路が水浸し、いつもと全く違う
強い雨や風に恐怖を感じた経験があるかもしれません。

排水しきれずに道路に溢れる水、これは地面の保水力の低下も
関係しています。

特に都市部では、アスファルトやコンクリートで舗装されている
箇所が多く、雨水が地面に浸透しにくい構造となり、
降った雨が直接下水道や河川に流入。

一気に大量の水が流入することで、水害リスクを
高めてしまっているのです。

いつも忘れられがちな重大な要項があります。
それは、文明が進めば進むほど天然の暴威による災害が
その劇烈の度を増すという事実である。

当社の地盤改良は天然砕石100%を使用。
地下に天然砕石を詰め込み、石柱を形成して地盤改良を行っています。



天然パイル自体の隙間が水を通すということは、大雨の時に
地面や屋根に降った雨を地盤に浸透させることができます。



また、砕石パイルは合理的な水循環の再生にもつながります。
自然素材なので、セメントなどによる水質悪化の心配もありません。

埋設物にもならず、将来撤去の必要がないばかりか、
土壌汚染による浄化費用も発生しません。

このことからも、砕石パイルは、
数少ない環境保護と消費者保護を兼ね備えた地盤改良だと言えます。

水に対する意識や小さな選択が、将来の水害リスク軽減
少しでもつながっていければと思い、毎日お届けする地盤改良工事に
思いを込めています。

A様 施工実績

2019.11.13-14 晴れ 大阪府東大阪市 木造2階建て 
ベタ基礎 2.75m 20本 総延長 55.0m

村上建設(株)ハイスピード工法の営業担当の坂上です。
今回初めてのハイスピード工法を採用いただきました
R+ハウス加盟店のR-GRAPH様。
ご採用、ありがとうございます。

立ち上げた当初からハイスピード工法を採用頂くことを
決めて下さってて、満を持して施工となりました。

来週からの基礎着工が決まっていることもあり、
急遽の現場入りとなりました。

バタバタでスタートしたので、前日の堺の現場からの
搬出等でスタートが遅れたために、実質1日分の施工完了でしたが、
のべ2日かかって完了。

向かいの住人の方(おじさん)が、

「コレ、ええなぁ」と興味をもって現場をご見学されてました。
しかもお子さんも含め総勢6人のご家族みなさんで(笑)

今回もまた地盤改良業界に違いを作りました。
もっとみなさんに知ってもらって活用してもらえるよう
頑張っていきたいと思います。 

お施主様に喜ばれる工務店づくりをお手伝いします。
選ばれる地盤改良のことは村上建設へご相談下さい。

ハイスピード工法 累計72,000棟達成!

こんにちは。ハイスピード工法営業担当の坂上です。

工法本部から連絡があり、HySPEED工法の全国施工累計が
72,000棟を達成したとのこと。

7月に累計71,000棟の達成を聞いて、2か月もかからず
72,000棟の声を聞きました。

全国で選ばれ続けて達成したこの数字。
もっともっと使ってほしいです!

ハイスピード工法を知ってもらってる工務店、住宅会社は
増えてきました。
これからも戸建て住宅の新築において、
価値ある提案のひとつに選択してもらえるような
活動を進めていきます。

特に注文住宅で差別化できるツールとして
認めていただけるように実績を積み上げていきます。

O様 施工実績

2020.8.12 晴れ 大阪府泉南郡 木造2階建て 
ベタ基礎 1.5m 16本 2.5m 3本 19本 総延長 31.50m

村上建設(株)ハイスピード工法の営業担当の坂上です。
今回7回目ハイスピード工法を採用いただきました創様。
今回も標準採用ありがとうございました。

お盆休み前で、カンカン照りの中で施工開始でした。
久しぶりに自社施工班が出動です!

隣の敷地も創様の分譲地だったために、そちらをお借りして
スムーズに施工が進みます。

今年から空調服を手配してもらえたので、
今年は熱中症対策と涼しい現場作業だ~と
思ってましたが甘かったです、、、
暑いものは暑い(汗)
ホンマにファンが回ってるのかと疑うくらい暑い。。

ただ、建柱車のブームの影に入った時だけ涼感が・・・

そしてお昼に近づくたびに砂地の敷地が
まるでビーチのように焼けていきます。
近くにはマーブルビーチやサザンビーチなど海水浴場があるけど
エライ違いですわ
写真から「砂感」は伝わりますでしょうか

昼過ぎには施工が無事完了して、夕方までには道路も
掃除して現場を出ました。

暑い中、お盆休みに入ったにもかかわらず、現場視察に
来てくださったT様、ありがとうございました。

今回もまた地盤改良業界に違いを作りました。
もっとみなさんに知ってもらって活用してもらえるよう
頑張っていきたいと思います。 

お施主様に喜ばれる工務店づくりをお手伝いします。
選ばれる地盤改良のことは村上建設へご相談下さい。

地名からみる土地の安全性

ハイスピード工法の営業担当の坂上です。
地盤の良し悪しにも少し関連するネタとして、
地名から分かる自然災害の危険度についてお伝えします。

今年7月、記録的な豪雨が九州から本州までを襲い、
甚大な被害を出しました。
昨今の迫りくる自然災害からどのようにして身を守るか。
「地名」には、その土地の安全性を知る上でのヒントが隠されています。

古来の地名には、実は!
その土地の特徴や大災害の歴史が秘められていることが多いのです。
災害への備えの参考になるかもしれませんね。

『川』『沢』『滝』『浜』のような水を連想させる地名は、
水害の被害を受けやすいことが表われていると考えられます

今回の記録的豪雨の被害地域で多く見られたのが
「瀬」のつく地名である。

土砂災害地では茨城県日立市「会瀬(おうせ)」、静岡県南伊豆町「市之瀬」、
静岡県掛川市「高瀬」、広島県尾道市「瀬戸田町」に
「瀬」がついている。長野県の孤立集落には木曽町「砂ケ瀬地区」がありました。

「瀬」とは、川の浅く流れているところを指すが、他にも意味があります。

「『瀬』は『狭い』に通じる漢字で、狭くなっている地域には、
流水が集中する可能性が考えられます。
今回の球磨川の氾濫では、上流からの水流が狭窄部で滞って
洪水になったとされ、『瀬』がつく地名も警戒が必要と考えられます」

ちなみに弊社のある大阪府で、「瀬」のつく地名を調べました。
まあまあありました。
地元茨木市では「玉瀬町」、「池の瀬町(寝屋川市)」、
「広瀬(羽曳野市)」、「長瀬(東大阪市)」、「高瀬町(守口市)」

河川が近くにない地域もありますので、必ずしも水害の
影響を受けるわけではないですが・・・

せっかくなので、調べついでに大阪府の「瀬」がつく地名の
地盤状況を調べてみました。

全部という訳ではありませんでしたが、ほとんどの場所で、
液状化危険地域であったということ。
あと、地盤状況は半分以上が改良が必要になるような地域でした!

その中でも地元の玉瀬町の情報を。
我々が提供するサービスで、近隣データから地盤の状況が分かる
プレ地盤診断レポート【BIOSCOPE(ビオスコープ)】
古地図とリンクしていて、過去の土地の状況が見れたり、
液状化リスクが色分けされていたりで、地盤調査をする前でも
情報収集が可能です!

地盤予報は「悪い傾向」で、液状化診断は「高い」とでました。

特に、「~が丘」や「~台」、「自由」や「希望」といった
洗練されたイメージの地名でも、新興住宅地開発などで
古い地名がこれらの地名に書き換えられたケースがあります。

地名の由来を確かめることが、防災の手掛かりになるなあと
感じました。

H様 施工実績

2020.7.13-14 雨 京都府向日市 木造平屋建て 
ベタ基礎 2.25m 26本 総延長 58.50m

村上建設(株)ハイスピード工法の営業担当の坂上です。
今回2回目ハイスピード工法を採用いただきましたM製材様。
先月に続き、ご採用ありがとうございました。

梅雨で先週から降り続く雨にはうんざりしますが、
近隣あいさつ回りと事前の墨出しにお伺いしたときには
曇り空のままでした。ホントにラッキーでした。
しかし、施工当日はガンガン雨が降っていました(泣)

今回の現場は、既存住宅のある庭の片隅に平屋建ての
建物が建つということ。

既存の建物(RC造)はまだ新しい感じなのに、なぜ庭に平屋を??
と思ったので、M建材の現場担当のOさんに聞いてみました。

なんでも、お施主様はおひとりで住んでいて、
今のお家に住みだしてからシックハウスのように
体調が優れない状況が続いたので、木造の家で
癒しの空間を作りたいということで受注されたとのこと。

床材には低温乾燥したこだわりの無垢材を使ったり、
壁はしっくいで仕上げるという、まさに健康住宅!

その健康住宅に、土壌汚染のリスクのないハイスピード工法、
産廃として杭が地中に残らないハイスピード工法を推奨いただき
採用となったようです。
まさにうってつけです♪

今回の現場も先週に引き続き、施工代理店の平井クレーン興業様に
施工応援をお願いしております。

今回苦労したのは、すでに埋設している汚水と雨水の管が
杭の側に配置してあるということ。
破損しないように慎重に施工を進めました。

慎重に施工したことや降り続く雨も影響して、
26本中25本の施工を完了して初日は終了。

1本だけを残して翌日へ繰り越し、、、

翌日も朝から雨が降る中、残った1本を造成して、
敷地内と前面道路を洗って完了。

我々の成果物は基礎工事をすると見えなくなりますが、
健康に影響があったお施主様が健やかに過ごされることを
しっかりと支えていきます

今回もまた地盤改良業界に違いを作りました。
もっとみなさんに知ってもらって活用してもらえるよう
頑張っていきたいと思います。 

お施主様に喜ばれる工務店づくりをお手伝いします。
選ばれる地盤改良のことは村上建設へご相談下さい。

A様 施工実績

2020.7.9-10 雨 大阪府藤井寺市 木造2階建て 
ベタ基礎 1.75m 8本 2.25m 12本 総延長 41.0m

村上建設(株)ハイスピード工法の営業担当の坂上です。
今回3回目のハイスピード工法を採用いただきました
アールプラスハウス会員のRGRAPH様。
いつもご採用ありがとうございます。

梅雨真っただ中で、ずっと雨が降る中での
施工となりました。

今回はいつもお世話になっている施工代理店の
平井クレーン興業様に施工応援いただきました。
いつもありがとうございます。

杭の本数は大したことはなかったのですが、
雨の影響と、遣り方の杭が敷地内での動きに
制限がでてきてしまい、スムーズに進みませんでした。

また、掘削した孔のなかで、地下水や雨の影響から
崩壊があったり。。

また、砕石の手配が遠方のヤードに取りにいかないと
いけないので、現場での砕石待ちも発生、、、
杭の造成だけは当日に完了しましたが、残土の処分が
翌日に残ってしまいました。。

予定通りとはいきませんでしたが、雨の中一生懸命対応頂き、
問題なく終わったことは嬉しく思います。

終わりがけには雨も上がったので、杭もキレイに仕上がりました。

今回もまた地盤改良業界に違いを作りました。
もっとみなさんに知ってもらって活用してもらえるよう
頑張っていきたいと思います。 

お施主様に喜ばれる工務店づくりをお手伝いします。
選ばれる地盤改良のことは村上建設へご相談下さい。

ハイスピード工法 累計71,000棟達成!

こんにちは。ハイスピード工法営業担当の坂上です。

先日、工法本部から連絡があり、HySPEED工法の全国施工累計が
71,000棟を達成したとのこと。

5月に累計70,000棟の達成を聞いて、コロナの影響もあるかと
思いきや、2か月もかからず71,000棟の声を聞きました。

弊社は工事件数が少なかったので、全国で頑張っている
他の代理店に力づけられます。
もっと頑張っていきます!

ハイスピード工法を知ってもらってる工務店、住宅会社は
増えてきました。
これからも戸建て住宅の新築において、
価値ある提案のひとつに選択してもらえるような
活動を進めていきます。

特に注文住宅のブランディングに欠かせないパーツとして
認めていただけるように実績を積み上げていきます。

まだまだ知らない住宅会社があるので、
この魅力を熱意をもって伝えていきたいと思います。

S様 施工実績

2020.7.3-4 雨 大阪府豊中市 木造2階建て 
ベタ基礎 1.5m 40本 総延長 60.0m

村上建設(株)ハイスピード工法の営業担当の坂上です。
今回初めてハイスピード工法を採用いただきましたID工務店様。
ご採用ありがとうございました。

この物件は施工までに、構造設計事務所とのやり取りをしたり、
施工当日に配置変更になったり、スムーズなスタートでは
ありませんでした。

梅雨時期ではありますが、施工スタート時には曇り空でしたが
昼前に雨が落ちてきました。
あっという間に現場は水たまりができて、ぬかるんできて…

初日は砕石手配のトラブルなどもあり12本で終了。。
2日目はダンプを1台増やして砕石の手配待ちをなくすよう
増員配置。

2日目は朝から雨降りの中ではありますが、スムーズに
施工が進みました。
とはいえ初日から予定通りにいかなかったことの影響から
施工完了は16:30となりました。

Exif_JPEG_PICTURE

作業中はダンプを前面道路に置いて施工していたので
近隣住民の方々にご不便をおかけしました。

セメント改良のプラントと違い、ずっとそこにある訳ではないので
最小限のご迷惑にとどめられるのがハイスピード工法の
利点だと現場監督にも評価頂きました。

今回もまた地盤改良業界に違いを作りました。
もっとみなさんに知ってもらって活用してもらえるよう
頑張っていきたいと思います。 

お施主様に喜ばれる工務店づくりをお手伝いします。
選ばれる地盤改良のことは村上建設へご相談下さい。

Y様施工実績

2020.6.16-17 晴れ 京都市右京区 木造2解建て 
ベタ基礎 1.5m 4本 2.0m 16本 計20本 総延長 38.0m

村上建設(株)ハイスピード工法の営業担当の坂上です。
今回初めてハイスピード工法を採用いただきましたM製材様。
ご採用ありがとうございました。

この物件は、過去のご縁でつながったことから受注しました。

ご担当者様がお取引先のグループ会社で面識があり、
私が新規開拓のお電話で再会(?)しました。
事務の方が受付しているところに、ご担当者様が
こちらのことを覚えて下さっていて電話を代わってくださり、
ぜひ会いましょう!と、案件相談~見積~受注へと至りました。

以前にお会いした時から、「ハイスピード工法を使ってみたい」と
強く要望していただいていたが、タイミングがあわず、、、
お勤め先は変わりましたが、施工させて頂く運びとなりました。

現場は狭小地。。
太秦映画村の近くで、昔ながらの住宅地で搬入路も狭く、
通常なら1日で施工で終わるようなボリュームですが、
1日と翌日の2時間で施工完了!

狭小地での施工は、建柱車で孔を掘っては
ダンプと入れ替わり残土排出、別のダンプで砕石を搬入して、
再度建柱車を現場にセットして砕石杭を造成して1本完了、
という工程を繰り返す。

なんせ手間がかかるのと、前面道路を封鎖する訳にいかないので
近隣住民の通行も確保しながら施工しました。

ご迷惑をかけることなく、無事施工完了。

新たなご縁が始まったことから、向日市の新しい物件の
地盤調査を頂きました。
今後とも引き続きよろしくお願いします。

今回もまた地盤改良業界に違いを作りました。
もっとみなさんに知ってもらって活用してもらえるよう
頑張っていきたいと思います。 

お施主様に喜ばれる工務店づくりをお手伝いします。
選ばれる地盤改良のことは村上建設へご相談下さい。