砕石パイル

こんにちは。ハイスピード工法の営業担当の坂上です。

近年、台風やゲリラ豪雨が頻発していますね。
短時間であっという間に道路が水浸し、いつもと全く違う
強い雨や風に恐怖を感じた経験があるかもしれません。

排水しきれずに道路に溢れる水、これは地面の保水力の低下も
関係しています。

特に都市部では、アスファルトやコンクリートで舗装されている
箇所が多く、雨水が地面に浸透しにくい構造となり、
降った雨が直接下水道や河川に流入。

一気に大量の水が流入することで、水害リスクを
高めてしまっているのです。

いつも忘れられがちな重大な要項があります。
それは、文明が進めば進むほど天然の暴威による災害が
その劇烈の度を増すという事実である。

当社の地盤改良は天然砕石100%を使用。
地下に天然砕石を詰め込み、石柱を形成して地盤改良を行っています。



天然パイル自体の隙間が水を通すということは、大雨の時に
地面や屋根に降った雨を地盤に浸透させることができます。



また、砕石パイルは合理的な水循環の再生にもつながります。
自然素材なので、セメントなどによる水質悪化の心配もありません。

埋設物にもならず、将来撤去の必要がないばかりか、
土壌汚染による浄化費用も発生しません。

このことからも、砕石パイルは、
数少ない環境保護と消費者保護を兼ね備えた地盤改良だと言えます。

水に対する意識や小さな選択が、将来の水害リスク軽減
少しでもつながっていければと思い、毎日お届けする地盤改良工事に
思いを込めています。

A様 施工実績

2019.11.13-14 晴れ 大阪府東大阪市 木造2階建て 
ベタ基礎 2.75m 20本 総延長 55.0m

村上建設(株)ハイスピード工法の営業担当の坂上です。
今回初めてのハイスピード工法を採用いただきました
R+ハウス加盟店のR-GRAPH様。
ご採用、ありがとうございます。

立ち上げた当初からハイスピード工法を採用頂くことを
決めて下さってて、満を持して施工となりました。

来週からの基礎着工が決まっていることもあり、
急遽の現場入りとなりました。

バタバタでスタートしたので、前日の堺の現場からの
搬出等でスタートが遅れたために、実質1日分の施工完了でしたが、
のべ2日かかって完了。

向かいの住人の方(おじさん)が、

「コレ、ええなぁ」と興味をもって現場をご見学されてました。
しかもお子さんも含め総勢6人のご家族みなさんで(笑)

今回もまた地盤改良業界に違いを作りました。
もっとみなさんに知ってもらって活用してもらえるよう
頑張っていきたいと思います。 

お施主様に喜ばれる工務店づくりをお手伝いします。
選ばれる地盤改良のことは村上建設へご相談下さい。

ハイスピード工法 累計72,000棟達成!

こんにちは。ハイスピード工法営業担当の坂上です。

工法本部から連絡があり、HySPEED工法の全国施工累計が
72,000棟を達成したとのこと。

7月に累計71,000棟の達成を聞いて、2か月もかからず
72,000棟の声を聞きました。

全国で選ばれ続けて達成したこの数字。
もっともっと使ってほしいです!

ハイスピード工法を知ってもらってる工務店、住宅会社は
増えてきました。
これからも戸建て住宅の新築において、
価値ある提案のひとつに選択してもらえるような
活動を進めていきます。

特に注文住宅で差別化できるツールとして
認めていただけるように実績を積み上げていきます。